感謝

先週、相方の仲のよかった同級生が亡くなったと聞き、相方が「俺も後10年ほどかな」って言った。

 

今年の2月の40回目の結婚記念日は、とっても地味に家で2人でした。

その時は考えてなかったんだけど、彼のこの言葉で50回目の結婚記念日、金婚式が2人とも元気でできるかどうか分からないんだ と気付いた。

途端に、彼の食が細くなり筋肉が落ちてきていることや、わたしの耳や歯がなかなか治らないことなど、老化がずっしりと心にこたえた。

 

彼の家系には短命な方が多かった。

対して、わたしの家系は長生きだ。

いずれ彼を見送ることになるだろうとは思っていたが、その後、わたしは彼のいない世界で生き続けなければならないのだ。

わたし、不安だ。

彼のいない世界に耐えられるだろうか。

 

安定剤を飲む。

少し楽になる。

 

考え方を変えてみる。

いままでの彼との人生で、そりゃ喧嘩はしたし、考え方の合わない点が多々あっても、それぞれの個性だからと認め合ってもきた。

とっても充実した素晴らしい40年だった。それは間違いない。

これから10年か20年か分からないけど、まだ2人の人生は続く。

今までの幸せな40年には続きがある。

素敵なおまけだ。

 

毎日、毎日、感謝して楽しもう と思ってる。

長々と

昨日の昼前にいつもの耳鼻科へ相談に行った。

もう2週間近くいただいた薬を飲んでいるが、眩暈はなくならない。母は昔、メニエール氏病にかかったが、わたしのはメニエールではないのか。

先生は、メニエールとは眩暈の感じが違う、今年の春は暖かかったり寒かったり、気圧も上がったり下がったりして、耳鼻科の患者はなかなか治らない とおっしゃった。

まあ、そういうことなら、もうしばらく様子を見るしかない。

あ、何人かのブログ仲間の方に耳石の運動がいいらしいと教えていただいたので、先生に訊いたが「薬で様子をみてください」と言われちゃった。

せっかく教えていただいたのに、ごめんなさい。

 

午後は相方が白内障でお世話になっているT眼科クリニックへ行った。

 

10年ほど前、わたしが近所のK眼科で網膜裂孔だと診断された際、K眼科には必要な器械がなくて治療できなかった。それで紹介状を書いてもらってまだ出来立てほやほやだったT眼科へ行った。T先生はお若かったが人当たりもよく、新しい器械にも精通なさってた。で、そこでレーザーで穴をふさいでもらったんだ。

でも、それっきりで後はまた近所のK眼科へ行っていた。

 

それがなぜ今回、相方の白内障手術もわたしの診察もT眼科なのか。

 

速い話、K先生が信頼できなくなったからだ。

3月末、相方が目がかすんだり視野が狭くて見えにくい と言うので、K眼科へ行ったら と勧めた。いつも空いてて速いから。

しばらくして帰って来た相方は「老化だから仕方がない」と言われ、目薬もでなかったと言う。

それじゃあ、セカンドオピニオンと思ってT眼科へ行ったら と勧めた。そうしたら、眼球内に出血があるし、白内障もかなり進んでいる って言われたらしい。

まあ、眼球内の出血は無理でも、70過ぎの人が見えにくいって言ったら、素人でも白内障は思いつくでしょう。

K眼科は小さな医院で、白内障の手術もなさらないようだ。

だったら、よその眼科を紹介なさればいいのに。

 

相方の眼球内の出血も眼球へ直接、注射してもらって何日かで良くなり、続いて白内障の手術も6日あけて、両目とも終わり、今は月2回、経過を見てもらっている。

この話は前にも書いたな。くどくてごめんなさい。

 

そんなこんなでわたしたち夫婦はK眼科はやめにして、これからはT眼科に行くことにした。

 

あ、それでわたしが昨日、何故T眼科クリニックへ行ったかというと、この何週間か、首筋からこめかみ辺り、よく鈍痛がする。

歯の治療の関係なのか、目の使い過ぎなのか、もしかしたら、また網膜裂孔じゃないかと不安だったからだ。この話も書いた。2度目の方、ごめんなさい。

 

少なくとも網膜裂孔ではなかった。

安心した。

 

ありゃ、また、首が張ってきたよ。

同じ姿勢をしているせいか、目の疲れか、お昼を食べた時のこめかみからの鈍痛か。

そのすべてか。

 

今日も鬱陶しい話を、長々と。

 

失礼いたしました。

あかんたれ

鬱陶しい話を吐き出しちゃおうかと思う。

苦手な方は読まないでください。

 

体調はまあまあ。

 

歯からくる頭痛は治まった。先日、型を取った奥の方の歯を今度の金曜日に入れてもらう。もうしばらくだ。

眩暈は薬のおかげで1週間前と比べればましにはなった。でも、消えない。こんなに長引くのは初めて。今週も俳句のお出掛け2つあるけど、1人で外出するのは不安だ。

おまけに目がねえ。

裸眼だとぼやけ方がすごい。眼鏡かけてもピントが合いにくい。飛蚊症も進んだ気がする。また、網膜裂孔じゃないかと不安だ。

 

それから心。

 

相方の同級生が亡くなった。昨日、お通夜で、今日、お葬式。

癌と戦ってらしたそうだけど、ついに力尽きた。

 

わたし、身勝手。

 

亡くなられた方のことより、相方のことばかり考えてる。

彼はうまくいって寿命は後10年ほどかな なんて言ってる。

わたし、彼になんかあったこと考えると、鳩尾がきゅーっとなって、不安で不安でたまらなくなる。

慌てて安定剤を飲む。

 

しばらくしたら、考えてもどうしようもないことを考えてもしょうがない という普通の感覚に戻る。

今、かかっている病気が一段落したら、多分、ましになると思う。

 

弱い心。

だめだなあ。こんなんじゃ。

 

まずは自分の身体と心の健康を考えないと。

試練

本日5月9日はH教室の日だったんだ。

 

眩暈はぼちぼち。ゆっくり歩いたり動いたりする分には大丈夫なんだけど、速い(ったってたかが知れてるけど)動作には付いて来れなくて頭がくらっとする。

一番ひどいのは、仰向けに寝ようとフラットな所へ座って手をついて上体をゆっくり倒してゆくと、途中で「ぐあらん」と来て気持ちが悪くなる。

 

昨日からH教室の世話係をなさってるNさんに相談して、もしかしたら投句にするかもしれません と言ってあった。

今朝起きてみて、やはり電車に乗って行く自信がなくて、昨夜から準備していた投句をメールで送って、電話でよろしくとお願いした。

 

それから歯科へ行って、眩暈がひどいのだが明日の歯の型を取るのに支障はないか尋ねた。いつもの受付の方が「上の歯だからそんなに椅子を倒さなくても大丈夫です。先生にはお伝えしておきます」って。

 

ふーっ、まだ終わってないんだよ。

明後日はこれまた久しぶりの吟行の日だったんだ。

電車やバスを乗り継いで行かなくちゃならない。

ま、明日考えよう。

 

3日後は仲田君に髪をしてもらう予定なんだけど、さーて、そのころには眩暈はおさまってるのかしら。仰向けのシャンプー台が怖いけど。

 

普段はこんなにスケジュール、ぱんぱんじゃないのに、たまたま忙しい時に限って何かが起こる。

 

やっぱ、神様に試されてるのかな、わたし。

途中経過?

お久しぶりです。

 

まず、体調ですが、歯の治療は今度の火曜日に型を取って、10日後にできた歯を被せてお終いとなるはずです。

中耳炎は今も時々、耳鼻科へ行って詰まった耳を直してもらってます。構成物質を出すほどではないらしいのですが、耳の奥のピーっという音が不快で不安。

心療内科の方も安定剤と導眠剤で落ち着いていたんです、4日の朝までは。

 

5月4日の朝、枕から頭を上げた途端、ぐらっと来た。

また、頭位性眩暈。連休中で耳鼻科もお休み。2年前の薬の残りを飲んだ。何とか治まっていた。

 

その夜、わたしはトイレに行こうと起きたが眩暈がするので、相方を起こして、寝室の向かいのトイレまでのほんの1メートル半、彼に支えてもらって行き来した。

 

翌朝、子供の日。相方がその話をしたが、わたし、全く覚えてなかった。

記憶喪失。

 

で、6日の午前中に、相方が用事でいなかったから1人で、まず耳鼻科へそろそろ、こわごわ歩いて行き、見てもらった。やはり、頭位性眩暈と軽い中耳炎。古い薬を飲んではいけないと言われた。でも、連休中でどこの病院も開いてなかったので。

記憶に関してはやはり他の薬と混ざったせいだろうとのこと。

 

午後、いつもの心療内科。連休明けですごい混みよう。

K先生も眩暈の薬と導眠剤2錠のせいだろう、まず今晩は薬なしで寝てみて、眠れなかったら1錠飲んで、1時間たってもだめならもう1錠飲んでみるよう、言われた。

 

結局、昨夜は薬なしで眠ることができた。

 

眩暈は治まってはいないが、少しずつましにはなってきている。

 

ロシア関係のニュース見たり、地震のことを考えたりすると、不安で、また鳩尾の辺りがきゅうっとなる。でも、安定剤はしばらく飲みたくない。

 

薬を飲むかわりに、幸せなことを考えてみた。

 

わたしには相方がいる。彼がわたしの幸せの源だ。

5日の日に我が家へ4人の孫たち、みーんな男の子で4歳から16歳、が来てくれた。

小さい子もわたしの背丈を抜いた子も、どの子も可愛い。

わたし、今はまだ体調がよくないが、日にち薬だ。基本、体は丈夫で、大病はしたことがない。

これもありがたいことだ。

 

キッチンへ水を飲みに出てきた相方をハグして「ありがとう」って言った。

相方は「お互いさまや」って。

 

わたし、欲張りすぎだ。

幸せなこと、これだけあれば十分だろう。

 

まだ、本調子ではないので、このブログが再スタートとなるかどうかは自分でも分からない。

 

まあ、ぼちぼち行きますわ。

また暫く

親愛なる読者の皆様へ

 

パソコンは快調なんですが、わたし、ちょっと調子が悪くて。

また暫く、お休みさせていただきます。

みなさんのブログは出来るだけ読むように努力致します。

ごめんなさいね。

 

まり

楽しみ

久しぶりに相方と花札をした。

 

以前からつけている勝敗表を出してみた。

最後にしたのが2021年10月6日、半年以上経ってた。

花札は飲み食い以外の、唯一の共通の趣味と言っていいかな。

今日は1日、雨で、わたしは俳句の整理をし、彼はベッドでひっくり返って大谷君の応援をしてた。

丁度、おやつタイムくらいに終わったので、コーヒーとバウムクーヘンでお茶して、その後、御開帳。

12回を1年と呼び、前回6回で終わってたので、今日は残りの半年分、勝負した。

ほぼ同じくらいの成績だったんだけど、前半の半年、わたしが86点勝ってたので、1年ではわたしの勝ちとなった。

「もうちょっとする?」「いらん」

で、寝室へ引き上げて行った。

 

まあ、分かる。

天気は鬱陶しいし、花札には負けるし、つまんないよね。

でも、わたしはリビングで2人一緒に同じことするの、嬉しいんだ。

彼は昔から、そういう女心がちょっと理解できないんだ。

 

縁あって結婚して、子供たちは巣立って行って、夫婦2人の生活となって9年。

今、彼はソフトボール、わたしは俳句とそれぞれの趣味を楽しんでいる。

コロナ以前は2人でちょっと旅行したり、街へ買い物に行ったり、美味しいものを食べに行ったりしてた。

でも、この2年は必要な買い物をするくらいしか外へ出ていない。

 

春から健康のため、2人で散歩に行く予定にしてたんだけど、わたしは免疫が下がってしまい、昨年の虫歯のあとの神経が炎症を起こして、これを抜くために長いこと、いろいろな処置をした(鎮痛剤が効かないほど傷んだ日もあった)。アレルギーから中耳炎を何度も起こし耳鼻科通いをしたりもしたので、花粉が収まるまで散歩も無理。

 

おーっと、鬱陶しい話はダメダメ。

 

固いものが食べられるようになったら、相方とまた例ののぞみちゃんがいる焼き鳥屋さんへ行こう。枝豆に焼き鳥にホルモンの唐揚げ、鶏飯の焼きおにぎり、それに冷たーい生ビール。

後、3週間ちょい。

 

たーのしみぃ!