特選

特選はどんな句会でも本当に特別だ。

 

昨日の句会は3句出しで先生を入れて13名だったから、全部で39句。

先生の入選は21でそのうち特選は6句だった。

わたしの出した3句の内、2句が特選、1句は選漏れだった。

 

選に漏れた句は、自分でもこれでは分かってもらえないだろうな という気がしてた。

時間切れで未完で出しちゃったから、当然だった。

 

他の2句の、1句は入選できるだろうとは思ってた。

もう1句は好みによるからわからなかった。

実際、1句目は2つ互選(参加者同士の選。3句出しの時は3句選ぶ)をいただいた。

もう1句の方は互選なし。

でも、ありがたいことに先生の感覚と合ったようだ。

 

とっても嬉しかったので、またまたご披露させていただきます。

 

万緑の東は伊吹西は比良

ばんりょくの ひがしはいぶき にしはひら

季語は万緑。見渡す限りすべて緑、真夏の草木の盛んなさまを表す と歳時記にある。

真ん中に琵琶湖を挟み、東の伊吹山と西の比良山の緑が目に眩しい。

 

先月の先生の授業で、俳句を作る際のヒントの26番目として「左右東西で捉える」というのを習った。「右にこぞ(去年)左にことし弥次郎兵衛 鷹羽狩行」「菜の花や月は東に日は西に 蕪村」などが例句だった。これがまさにヒントとなったんだ。

スケールの大きな句だと誉めていただいた。

 

もう、1句。

 

出目金の瞬かぬ目や昼深し

でめきんの またたかぬめや ひるふかし

季語は出目金。夏の季語「金魚」の傍題。

金魚鉢の凸面で出目金の大きな目がより一層目立つ。その大きな目は瞬かない。目の瞬きは表面を水分で潤わせるためにするらしく、魚は瞬く必要がないとのこと。暑い夏の午後、出目金を眺めてぼんやり物思いにふけっているさま。

先生は「昼深し」がいいとおっしゃった。

 

ね、こっちの方はちょっと癖があって、わたしっぽいかな。

好みが分かれるところ。

 

わたし自身はこっちの方が断然、好きだけど。

 

はい、どうも失礼いたしました。