一匹狼

相方の入っているソフトボールのハイシニアのチームの1つで、リーグに属しているチームの、Uさんというキャプテンが高齢のためお辞めになる。で、例のE監督がまだキャリアの浅いMさんを後任に指名した。本来ならみんなで投票して決めればいいのに、相方がキャプテンに選ばれるのを怖れたようだ。Mさんは困ってIさんに相談し、この2人が相方に会いに来た。

2人は相方にキャプテンをしてほしいと言った。相方はみんなが望むなら受けたいと言った。

それから話はツルツルと進み、Iさんがチーム全員にメールしてその話を伝えたらしい。

そこで、例のE監督は慌てて「その話は直接、俺がY(相方)とするから待ってくれ」と結論を先延ばしにした。

結局、3週間も経ったこの前の日曜日の試合の後、全員一致で相方が選ばれた。

渋い顔をしたE監督に相方は笑顔で「よろしくお願いします」と手を差し出した。

E監督は差し出された手を払う訳にもいかず握手したそうだ。

 

今まで着ていた背番号13番のユニフォームを、洗濯してきれいにたたみ袋へ入れた。

次の試合から背番号10番のユニフォームを着る。

 

ほんとに人は変わる。

 

相方は一匹狼で、人と群れることを嫌っていた。

不良少年だったし、お勉強は好きじゃなかった。

 

そんな男が面白半分でPTA会長をして、ママさん達にしごかれて、だんだん人の上に立てるようになり、校長先生や教頭先生なんかとも仲良く話せるようになった。

それからだ。

知らない世界へ自ら、ずんずん進んで入っていくようになった。

口は重いが、一生懸命、誠意をもって話すことが出来るようになった。

 

今度はチームの改革を考えている。

彼には応援してくれる男たちが一杯いる。

 

やっぱ、わたしの目に狂いはなかったんだ。